株式会社ネット(戸田憲良)のDigitonic(デジトニック)のデータ(DATA)マイニングサービスで投資ビジネスを行う【詐欺!?】

貯蓄を中心に考えていたマネープランを株式会社ネット(戸田憲良)のDigitonic(デジトニック)のデータ(DATA)マイニングサービスなどの投資に切り替えようと考えたときに基本的には長期的なプランで考える方が多いと思います。

なんといっても現在の貯蓄に関しては超低金利のゆえに長期的な貯蓄が大前提になっているからです。

もちろん短期的に株式投資などを行って売買損益などを考える場合もありますが、リスクを伴うだけに極端な方針変更は失敗の可能性も出てきます。

そこで長期的な投資を考えた場合に株式会社ネット(戸田憲良)のDigitonic(デジトニック)のデータ(DATA)マイニングサービス以外にもどのような投資が良いのか具体的に挙げていきたいと思います。

もちろん、前述のように株式投資はちょうど良いと思いますし副業ビジネスなどにもおすすめです。

しかしながら短期的に値上がりを目指すような新興企業ではなくインフラや電力、ガスといった大企業の株式投資を行って長期的に保有することによる配当等で貯蓄の代わりにするというのが長期保有の考え方だと思います。

次に、なんといってもリスクは避けたいと考えた場合にお勧めしたいのが国債です。国債と言ってもなかなかぴんとこない方がいると思いますが要するに国が発行する国民に対する借金だと考えれば良いと思います。

利率は貯蓄よりも高い設定になっており5年、10年といった長期的な保有によって利息分が満期のタイミングで支払われることになります。

日本と言う国がデフォルトを起こさない限りは支払いがなされると言うことを考えると非常にリスクが少ないといえます。
もちろん、アメリカや中国、他の国の国債を購入することを考える方もいるでしょう。しかしながら国によってはリスクが高まることもあります。
さらに為替損益も出てきますので十分に検討を重ねてからにした方が良いと思います。
次に企業が発行する債券として社債があります。
こちらも大企業の社債であればリスクは非常に少ないと思います。
リスクに反比例することがない利率は残念なところですが、それでも銀行に貯蓄をしておくよりは間違いなく金利が高いというのがポイントになってきます。
もちろんこの写真に関しても海外の企業の社債を購入すると言う考え方もありますがリスクと表裏一体であると言う事は忘れてはなりません。

そして長期的に積み立てながら投資すると言う意味では金の投資が伝統的に有料だと言われています。毎月少しずつ積み立てる形になりますが投資としては非常に優秀で金の価値はいつの時代も変わらないのでそれなりにメリットはあるでしょう。

以上の通り長期的な投資に関しては株式会社ネット(戸田憲良)のDigitonic(デジトニック)のデータ(DATA)マイニングサービス以外にも様々なパターンがありますので自分自身の用途に合わせて検討していきましょう。

投稿日: