今年のビットコインの急上昇は、チャイナマネーの力なのか

昨年までは、ビットコインが100万円以下を切るどころか
大きく値を下げて停滞しているような状態が長く続きましたが
今年の3月中旬から上がり始め6月中旬には100万円を越え
6月の下旬には150万円まで値をあげました。
その後は、下降線をたどり7月中旬では100万円 台を推移しています。

今年は上昇を期待される年になるとは言われていましたが
100万円をあっさりと超えてしまう値の勢いはどれだけの人が
予想できたでしょうか。
しかし疑問に思うのは、これだけの急激な上昇となるこれ要素が
あまり見つからない点です。
これだけのビットコインの急上昇の多くは大きな投資家が動いた
ということしか考えられないのです。
一つ予想されることとして挙げられるのが、チャイナマネーの存在です。

中国では現在仮想通貨投資には非常に厳しく制限されているようで
お金があるからといって容易に投資することができないようですが
人民元を一度他の通貨に変えることによって、ビットコインを大量購入
しているというのです。

チャイナまでは以前ほどの勢いはありませんが、しかし世界情勢から考えて
中国は、経済的に無視できない存在です。
経済成長率も伸び続けていますし、アメリカとの貿易戦争なければ
もっと、経済成長率は良かったです。
何か経済に問題があった時、投資先として金と並んで注目されているのが
ビットコインです。

ビットコインがこれだけ急上昇するのは中国の大規模な制限から
逃げるための方法とも考えられるのです。
ですからこれからビットコインが、上がるのは中国の存在なくしては
考えられないかもしれません。

ビットコインの値上りはもちろん、チャート分析やその時間の
流れを見ることもとても大切なのですが、特に理由がないのにもかからず
急上昇することはよくあることです。
しかも前触れもなく、急に上がることがほとんどです。
そのきっかけを後から詳しく調べてみると、中国がらみのことが
とても多いので、中国の政治情勢には特に注意をしたほうが
良いかもしれません。

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュも
元はと言えば中国のマイニングの問題から発展しているので
全てではありませんが、何か大きくビットコインが動く時には
チャイナマネーの動きや中国関連のニュースに
常に耳を傾けることが鍵になってきそうです。

まとめ

今年ももうすでに半月が過ぎ、後半に入りました。
これからビットコインがどのような動きをするのか
わかりませんが、投資家の皆さんは毎日のニュースを欠かさずチェックしながら
大きな動きがありそうであれば、すぐに動けるような状態を取ったほうが
リスク回避できるのではないでしょうか。